おたやく- 海外反応

気になる話題、それに対する海外反応をまとめるブログです
おたやく- 海外反応 TOP  >  スポンサー広告 >  海外の反応 >  響け!ユーフォニアム 11話 海外の反応 そんなの関係ねえ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ]   スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

響け!ユーフォニアム 11話 海外の反応 そんなの関係ねえ

06182015reer.jpg

響け!ユーフォニアム 11話 海外の反応・感想・ネタバレまとめ








■投票では2人が香織に、もう2人が高坂に拍手か。残りの人たちはただ座ってただけだったな、あのアスカでさえも



↑むしろアスカが拍手しなくてよかった。他人なんてどうでもいいって前に言ってたし



■かなり多くの人が投票を棄権したな。ジャッジすることに対する恐れ、集団思考が妙にリアルだった

06182015yreer.jpg



■このエピソードのあとでさえ、リボンのことは好きになれないな・・・。
滝先生はエコヒイキで高坂を選んだとかイチャモンつけてたくせに自分だって香織にエコヒイキした。今回の演奏は明らかに高坂の方が上手かったにも関わらず、結局香織に拍手した。リボンが泣き叫んだのを見て、胸がすく思いだったね。



■リボンはわがままだな。高坂の気持ちなんてちっとも考えちゃいない。彼女が考えることは全部香織、香織、香織ばかり。相当な狂信者だ。あなたには来年がある?もし素晴らしい一年生が現れて高坂が香織と同じ立場になったらどうするんだ。



■ちょっとした違いが演奏に影響を与えるというのは忘れがちだから、今回の二人の演奏がはっきり区別されたのはよかった
高坂の演奏がはっきりしていたのに比べ、香織の演奏は柔らかで控えめな感じだった
ソロパートの話が終わってくれて嬉しい。これで全国に向けて動き出せるから。



■このアニメはまたやってくれたね。高坂の方が上手かったわりに誰も拍手しなかったのがマジで良い感じじゃん。それだけ香織にも負けてほしくなかったってことだろ。



■回が進むごとにアスカに興味がわいてくるな。彼女はとても慎重だし自分に都合の悪いことはうまく回避している。彼女のことが好きなのか嫌いなのか、未だによく分からない。



↑アスカが香織の質問に答えなかったのは、慎重だからでも、都合が悪かったからでもないよ。単に答える意味がなかったから。アスカが香織の技術についてどう思ってるのか、香織は分かってたのに確認しようとした。香織と高坂のどちらが上かなんてみんな分かり切ってた。



■リボンの涙はデリシャスだね

06182015gergre.jpg



■11話を見終わればリボンのことが好きになり始めると思ったが、全く無理だった
高坂にオーディションでわざと負けてくれと嘆願したのは本当に信じられない
それは香織の演奏を信じてないということじゃないか
あと地味に塚本が心配だ、彼は境界の彼方のカンバラを思い出させるし、好きなキャラなんだ



■誰にも拍手しなかった奴らが一番卑怯だ



↑卑怯っていうか、中立の人たちは難しい立場だよね。どっちを選んでもバンド内に気まずい空気を生むし、それは今後の練習にあまり良い影響がない。どちらが多数票を得ても何らかの異議は出てくる。
滝先生はそれを分かった上で投票よりも香織自身に決断を委ねた。



■二人の演奏の違いが分からんかったな。香織の演奏は欠点がなかった。



↑まじで言ってるの?明らかに高坂の方が感情こもってたろ



↑高坂は響き方が段違いによかったよ。信じられないほど音がクリアで、なめらかだった



↑香織の演奏は欠点がないかもしれないけど、高坂の方がソウルフルだったよ



■ただの人気投票にならなかったのはよかったかな、滝先生は香織が断るって、初めから分かってたんだろうね



■滝先生はベストな方法で高坂が素晴らしいプレーヤーだと証明したね。
個人的に、香織の演奏はグッドだった。テンポもよかった。おいおい、完璧じゃないか?とさえ思った。そして高坂の演奏が始まった。彼女のピッチは香織よりもうまくコントロールされていた。ピアノ(静かに)からフォルテ(大きく)への移行もインパクトがあったし素晴らしいと思った。それを聞いたバンドメンバーも、思わず目を丸くしていた。二人の演奏が信じられないほど違いすぎたからだ。二人の演奏が終わった時点で誰もが高坂の演奏が上だと気づいただろう。しかし滝先生は香織に決断させた。だが香織もまた高坂が上だと分かっていたからソロをあきらめた。キャラクターが報われる瞬間というのはとても満足できるものだ。

06182015regter.jpg



■二人の演奏はミスがなかったけど高坂の方が生き生きしてたな。
香織の演奏は、高坂と比べるとダイナミクスが足りてなかったでしょ。
高坂はクレッシェンドやデクレッシェンドのつけ方もよかったし、所々でテンポを変化させていた



■香織の演奏は"楽譜どおり"(by the book)すぎるんだよ

06182015reer.jpg



■先週で百合は終わったと思っていたのに、なぜかまた復活したようだ



■百合シーンがよかったね。特に高坂の囁きがとてもグッドだったよ

06182015ertre.jpg


翻訳元:1

(´・ω・`)短いですが今回はこのへんで

このマンガがすごい!comics 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ 1
このマンガがすごい!comics 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ 1
トゥッティ!
トゥッティ!




そんなリボンちゃんの愚かさが
良いではないか。良いではないか。
彼女らがプロではなく普通の高校生だということを説明する要素の一つとなっている 。
そしてそういういざこざがこの物語の面白さかと。
[ 2015/06/18 15:52 ] [ 編集 ]
百合はほんといらんわ 高坂が好きになれないってのもあるかもしれない
[ 2015/06/18 15:56 ] [ 編集 ]
アホなコメントばっか拾っててきとーすぎんだろ
[ 2015/06/18 16:08 ] [ 編集 ]
百合のオンパレードだったw
結局多数決に持っていくんじゃなくて、両者の音を聞かせて納得させるのが目的だったのね
[ 2015/06/18 16:09 ] [ 編集 ]
観客が目隠しして、音だけで判断すれば良ひのにと思つた。
[ 2015/06/18 16:13 ] [ 編集 ]
先生が生徒を後ろ向かせるなり目隠しして分からないようにして拍手させなかったのが問題。
あるいは拍手しなかった生徒にどっちかをちゃんと選ばせるべきだったよ。
なあなあで全国いけるほど甘くないと思うが。
[ 2015/06/18 16:23 ] [ 編集 ]
でかリボンは全国という目標の前に芋先輩だっただけで
地味に部長も部活より友人を押したりして
わかってはいるが割り切れない、迷う気持ち、いいねb
[ 2015/06/18 16:24 ] [ 編集 ]
4ちゃんのhibikeスレットの威力が尋常じゃない

京アニだからってのもあるけど、hibikeスレットの消化速度は異常だぞ
まあ面白いからなんだけどな

百合メガネ装着してリボンちゃん×夏紀先輩を応援するよ
[ 2015/06/18 16:35 ] [ 編集 ]
ちょっと短すぎ…
[ 2015/06/18 16:35 ] [ 編集 ]
>4ちゃんのhibikeスレットの威力が尋常じゃない
マジか、久々に4chan巡り再開するわ
[ 2015/06/18 16:43 ] [ 編集 ]
滝先生は「全員で聴いて決定する」「~の方がいいと思った人」としか言っておらず、
演奏の技量だけで選べなんてことは一言も言っていない
部員たちは技量だけで選べないこと、技量だけでは納得しないことをわかった上で、
あのやり方にしたんやろ
ブラインドテストなんてあの場ではなんの意味も持たんよ
[ 2015/06/18 16:48 ] [ 編集 ]
投票を棄権した奴らは本当に卑怯者
再オーディションへの過程を考えれば投票の義務は言わずもがなの筈だろ
アスカも只の卑怯者
傍観者なら傍観者らしく淡々と投票しろよ
まぁ、この辺はリアルだとも思うけどさ
グダグダ言う割に実際に問いただされると黙る奴とか多いしな()
[ 2015/06/18 16:51 ] [ 編集 ]
先生が本人にソロやるかどうか聞いた時 なんて鬼畜なんだと思ったけど
海外では好意的に受け取られるんだな
[ 2015/06/18 16:54 ] [ 編集 ]
真面目に生活している人であればあるほど、
リボンちゃんの行為は利己的で甘えそのものに映ると思うし、
滝先生がトランペットのみ、2回もオーディションをしてしまうことに
彼の未熟さと不公平さのようなものを感じるかもしれない。
一連のドラマのなかで登場人物たちを使って何を伝えたかったのか。
色々な感情を抱かせる、良い青春ドラマだと思う。
[ 2015/06/18 16:56 ] [ 編集 ]
今週のMVPはトランペットの吹き替えした中の人だろ
視聴者に分かりやすくするために香織先輩にミスさせるような貶める演出をせず
キッチリ楽譜通り吹きつつ明らかに優劣が分かる演じ分けをしてて見事だった

麗奈の演奏はオーディション以上に渡り廊下でのパッセージ練習にビビった
最初普通に吹いた時点で音の粒立ちに「うおっ!?」ってなったが
更に最後に一音ずつ切ってるのとか根本的に意識レベルが別格だなと実感
[ 2015/06/18 16:57 ] [ 編集 ]
二人の演奏の違いが分からない人は、
再生環境が腐っているか、
脳に障害があるか。
それぐらい分かりやすかったね。
[ 2015/06/18 16:59 ] [ 編集 ]
上手い強い奴が選ばれる。こんなの、大人の事情がない限り何処の世界も一緒だと思うがなぁ。
しかし、この作品って経験者的には"あるある"らしいが、囲碁麻雀カルタ作品みたいにルール知らなくても楽しめるような部分が見いだせないわ。
[ 2015/06/18 17:03 ] [ 編集 ]
最初のオーディションにケチつけて
再選考やらせたあげく棄権って屑ばかりだな
[ 2015/06/18 17:04 ] [ 編集 ]
部長という立場でありながら、ひいきで香織に拍手した部長が一番クズだな。
リボンが実力差をわかってたということは、香織も負けるのわかってたけど、みんなを納得させてまとめるために再オーディション受けたの?
再オーディションまでにうまくなる可能性に賭けたの?
[ 2015/06/18 17:15 ] [ 編集 ]
再オーデの進行手順も拍手しなかった部員がいたことも別に問題があったとは思わない
高坂への反感から中世古を支持しようにも出来ないほど違いを見せ付けた時点で、滝・高坂の勝ち
今後のコンクールのことを考えれば、部員は極力オーデに影響を与えず中世古本人が負けを認めたのは無難な着陸点
[ 2015/06/18 17:20 ] [ 編集 ]
こういう場合は目隠し投票にするのが普通だと思うけどな
実際に笑コラでもそういう場面あったよね
本人の口からソロを諦めると言わせるための演出なんだろうか
[ 2015/06/18 17:26 ] [ 編集 ]
ゆうこりんの名誉が回復されることは無かった・・・
[ 2015/06/18 17:33 ] [ 編集 ]
麗奈の演奏の時に画面をより大きく引くことによって二人の差を表していたね。
[ 2015/06/18 17:34 ] [ 編集 ]
久美子と葉月は高坂を支持したのに、なぜサファイアは棄権したんだろう?
[ 2015/06/18 17:35 ] [ 編集 ]
拍手しなかった生徒は卑怯なのではなく最初から香織に「決めていた」
しかし演奏を聴いて香織に拍手「出来なかった」
再オーディションを行った滝先生の真意は香織に納得させることだった

『いい音はいいと言わざるを得ない』

部長は情に流され公平な判断力を失った
そして香織は大人だった
[ 2015/06/18 17:40 ] [ 編集 ]
自分が尊敬してる人が報われないから
自分はどう思われてもいいから何とかしたいというリボンの気持ちも分かってほしいけどな
自己満足ではあるんだろうけどさ
[ 2015/06/18 18:07 ] [ 編集 ]
ひそひそと噂していた連中が旗幟をはっきりさせなかったのは卑怯者としか言いようがない。再オーディションをする事になった一翼を担った責任感も無ければ、二人と先生に対する敬意もない。
度胸がつくまで、2度と高坂に逆らうなよ腰抜けども。
[ 2015/06/18 18:10 ] [ 編集 ]
卑怯だ腰抜け言う人もたぶん同じ立場だったら拍手できんだろ
演奏だけなら高坂が上、人柄や部への貢献含めると香織が上
そりゃ迷うわ
[ 2015/06/18 18:17 ] [ 編集 ]
素人だけど、香織先輩の方が音がブレてたように聞こえたな
吹きこむ息の勢いが一定じゃないからかな?
何にせよ、実感を持って負けて納得できたのはよかったね、と
[ 2015/06/18 18:21 ] [ 編集 ]
思った以上に差があったな
香織の口が震えてるからミスるかと思いきやミスは無く
普通に素人にも分かりやす過ぎるくらいのはっきりとした差だった
[ 2015/06/18 18:24 ] [ 編集 ]
視聴者はこれまでの経緯も二人のキャラクターも分かってるから演奏の差が分かりやすいけど
何の前置きもなく演奏の音源だけ聴かされたら、違いがあることは分かってもどちらが良いか自信持って判断できる素人はかなり少ないと思うよ
[ 2015/06/18 18:30 ] [ 編集 ]
8話くらいから色んな原作改変のしわ寄せが来て破綻している。
2期あるとしたら、今のスタッフが無茶苦茶しているから脚本担当の人可愛そう。
[ 2015/06/18 18:35 ] [ 編集 ]
滝先生は香織に自分から辞退させる為に「やりますか?」と聞いたんだろ。
誰が見ても高坂の方が上手いのは明らかだったし、香織もそれを分かっていた。
生徒に決めさせるのは後顧の憂いを残すから、香織自身が辞退させるよう仕向けたのだと思う。
[ 2015/06/18 18:36 ] [ 編集 ]
翻訳元のスレも既に8話を超えるレスが付いてる
10話からの流れがいかに議論を呼ぶものかよくわかる

リボンは確かに「間違っていた」、だけどそれが人間だし若さだ
正しい事が常に正しいわけじゃない、俺はリボンが好きだよ
[ 2015/06/18 18:45 ] [ 編集 ]
うーん・・・優子の世代の大量退部についてきちんと描写されてないと、優子の意見に賛同出来る人は少ないだろうな・・・
[ 2015/06/18 18:46 ] [ 編集 ]
れいなと香織先輩の演奏が同程度だったら、皆、先輩に拍手しただろうからな
皆が拍手できなくなる程の演奏をした時点でれいなの勝利だよ
ブラインドテストなんて必要の無い程の差があると先生は考えてただろうし
対面でのテストだからと皆がインチキ投票するようなら先生はその時点で生徒を見限ってただろう
[ 2015/06/18 18:49 ] [ 編集 ]
6話でオーディション形式にすると説明した時に
「1年生より下手だけど大会には出たい上級生が居るなら別ですが」
って釘指してるからなぁ
香織先輩も自分がソロ吹きますとは言えないわな
他の連中も実力重視に何も言えんでしょ
[ 2015/06/18 19:00 ] [ 編集 ]
まあ、誰に共感するかは、見る人の価値観や経験によって変わるんだろうね。
人を纏める立場、指導する立場になった事がある人、(特に女性を)、バランスをとりながら物事を進めないといけない立場の経験がある人なら、滝先生が高坂と個人的関係があった事をずっと放置してた事は、あまりにも駄目すぎるミステイクなんで、 そっちに目がいってしまわない?
[ 2015/06/18 19:05 ] [ 編集 ]
デカリボンは真面目なんだな

優子は一年生の時に真剣に吹奏楽をしたかった派
三年生の攻撃対象になったのを香織が助けてくれた。
香織は三年生に向かって深々と頭をさげて優子を守った。
だから優子はその恩返しも含めて香織のために行動を起こした。ちゃちな憧れだけではない。
自分が惨めになっても悪者になっても香織から受けた優しさを返したかった。
なんと健気な子ではないか劇中の登場人物からしたら嫌なやつかもしれないが
その裏側を知っている視聴者としては彼女の気持ちを理解してあげたい。
[ 2015/06/18 19:20 ] [ 編集 ]
今回はオーディション以外語るところも無いし感想まとめが短くなるのもしゃーない

百合はねえ…やりすぎだね少し、愛の告白だとか、こRoすとか

あと一話?二羽?京アニの事だから一応次で最終話、13話でオマケかな??
[ 2015/06/18 19:20 ] [ 編集 ]
リボン先輩とポニテ先輩との下駄箱でのやり取りから考えると、
高坂>香織先輩というのは部員内ではほぼ周知の事実だったと考えられる

それにもかかわらず、部員内部での心無い噂話があったと言う事から考えれば、
部員内部では、香織先輩にソロを任せてあげたいという心情が下地としてあった
と考えられる(はっきりと自覚はしていないけれど)

高坂>香織先輩というのは分かってはいたが、漠然とした不満感を、
滝先生を悪者にする事でフラストレーションのはけ口としていた

「良い音は良いと言わざるを得ない」

これは部員を納得させ、
香織先輩の迷いにけりをつけさせる為に必要な事であって、
恥をかかせようとしたとか怒ってやった事という意見は違うのではないかと思う
特に香織先輩については、この先迷いを抱えたままでいさせる事の方がが残酷だし
[ 2015/06/18 19:28 ] [ 編集 ]
拍手しないシーンはイラっとさせられたけど
後で逆にあのシーンは凄いと思い返したなー

先輩が勝ったらブーイングものだし
何も起きずに高坂が勝つのは何の面白みもない
意外性を出しつつ説得力ある展開させなきゃいけないポイントであーしてくるとは
[ 2015/06/18 19:29 ] [ 編集 ]
でもそもそもメガネ先生に私的感情があるんじゃないかっていちゃもんつけてたんだからより正確に評価するなら女の顧問にでも任せてメガネ先生含めブラインドにすべきだったと思うがね。そうすればどちらにも拍手しない責任逃れの卑怯者を生むこともなかったはず。いくらマドンナに気を遣ってようが拍手しなくても周りの表情で結果は明白だったとはいえどちらにも拍手しないってのはやっぱ卑怯だよ。はっきりとさせるべきだと思ったね。いちゃもんつけて陰口まで言い部内の雰囲気まで悪くしといて責任逃れは失礼すぎる。まぁ現実にもよくあることだから妙にリアルで面白いとこでもあるけどね
だからウザキャラではあったが終始マドンナ推しを貫いて最後もちゃんと自分なりの思表示したデカリボンは偉いと思ったよ
[ 2015/06/18 19:32 ] [ 編集 ]
部長という立場で、明らかに劣った方を贔屓するのはダメだよな。
あと緑輝が高坂に拍手しなかったのは意外。音楽に関しては白黒をはっきりつけるタイプだと思っていたのだが……
むしろ葉月の方が、違いがわからずにどちらにも拍手できないのではと考えていたんだけど。
[ 2015/06/18 19:46 ] [ 編集 ]
私的感情があると文句言ったくせにほとんどの生徒が私的感情に流されて評価を放棄し曖昧にした。筋を通さないのが一番腹立つわ
[ 2015/06/18 19:58 ] [ 編集 ]
どちらも解ってないアホな※が多いなw
部長もリボンも香織が完敗であり、自分たち二人しか拍手しない事がわかった上で拍手してんだよ。
つまりもうこの時点で決まってしまってんだよ。
噂を流したホルン隊やオーディションに納得いかなかった奴らは香織に拍手を送れば良かったんだよ。でもそれが出来なかった、この瞬間に先生の思惑、賭けは成功してたんだ。
どちらも拍手をしなかったとかなんとか言ってる奴はこの辺の駆け引きや人物達の表情の機微がまるで見えてない
[ 2015/06/18 19:58 ] [ 編集 ]
先行の香織先輩が完敗だったのは、画面での反応で明らか
そして、香織先輩にはリボン以外は誰も拍手しようとはしなかったので、
勝敗はその時点で明らかになった
     ↓そこで
部長は香織の味方をして敢えて拍手をした
(リボン以外に誰も居ないのが分かってからの遅れた拍手だった)
     ↓
しかし、高坂の拍手の番になったにもかかわらず、
不平不満を言っていた連中は躊躇せずに拍手を送らなかった←ここがみんな不満に思ってるとこ
     ↓
主人公1人しか拍手しないので、急いでカトちゃんは遅れて拍手をしたが、
最後の決定権をもつ3人目になってしまうのを恐れて、残りは拍手できなくなった

みんなここまでは分かっていて、文句言っていると思うけれど
アホが多いとか言っている人はこの間の本を読んでいないとか言っていた人かな
[ 2015/06/18 20:45 ] [ 編集 ]
市民オケ等で新人をオーディションで選ぶとかならともかく、
同じ部活内のメンバーならブラインドテストしても聴けば
どっちの演奏かはっきり分かるから意味無いと思う

今回のオーディションはセレクションではなく
香織と他の部員を納得させるためのセレモニーだったんだと思う
[ 2015/06/18 21:15 ] [ 編集 ]
香織の立場・心情を考えると
香織って西郷隆盛だなって思うw
自らも望んで全国を目指すことになり、年功序列から実力評価に変わって、
張り切って練習していたのに
新しい価値観にまだ付いていけてない輩の意を受けてオーディションに臨み
皆のもやもやを引き受けて華々しく散った。

ソロは取れなくても大会でがんばる姿が楽しみだ

[ 2015/06/18 21:43 ] [ 編集 ]
日本のドラマだと、わざと負けてそれを美談的なプロットに仕上げる事って
よくあるけどね、麗奈という強烈なキャラじゃそのストーリーは成立しないよな。
[ 2015/06/18 21:52 ] [ 編集 ]
再オーディション前の久美子の麗奈に対するサポートが良かった
勝って「悪者」になるのは麗奈といえども楽な道ではないわけで
折れそうになる心を支えたと言える
久美子が言った「もしも裏切ったら○ろしていい」は、山の展望台で感じた
「私は今、この時なら命を落としても構わないと思った」につながるし
「だってこれは愛の告白だから」も、山登り中に麗奈から受けた「愛の告白」に答えたもの
もちろんこれは、百合などではない
あの二人っきりの演奏のように、お互いのパッションをぶつけ合える至高の友情である
[ 2015/06/18 22:14 ] [ 編集 ]
女社会は怖いからなぁ。自分らを守るために派閥を作り、派閥に挟まれたくない人は中立派を作る。中立派の人間はなにも選ばず良い顔だけをする。
[ 2015/06/18 22:39 ] [ 編集 ]
リボンは確かに狂信者だけど、
大人な対応をする香織に代わって、
その押しころされた感情を表現してる
狂言回し的存在なんだよな
[ 2015/06/18 22:41 ] [ 編集 ]
「先輩に遠慮して、高坂へは拍手できない」
という気持ちは、さすがに海外勢には理解できないらしいな。

リボンちゃんはとっても今回良かった、と思うのは日本人だけらしい。
[ 2015/06/18 22:45 ] [ 編集 ]
部長の拍手は勝敗が明白な事を理解した上での同情票でしょ。
部の長なんだから負けた部員に対する配慮があっても別におかしくはない。
平部員なら「負けた奴はとっとと身を引け。後は知らん」でいいかも知れんが。
[ 2015/06/18 22:56 ] [ 編集 ]
>しかし、高坂の拍手の番になったにもかかわらず、
>不平不満を言っていた連中は躊躇せずに拍手を送らなかった←ここがみんな不満に思ってるとこ

勝敗が明白なので香織の傷口にあえて塩を塗りたくない、心情的には香織に勝って欲しかったのでわざわざ麗奈に塩を送るのも気が引ける、そんなとこでしょ。誰も悪者になりたくないもの。そこが不満なの? 外野だから好き勝手言えるけど、俺らもモブとしてあの場にいたらあんなもんだと思うよ。

でも久美子は麗奈のために、優子は香織のために悪者になること=流されずに自分の意志を貫くことを選んだ。その意味で二人は物語的には対等の位置にいる。今回のもう一人の主人公は間違いなく優子。
[ 2015/06/18 23:05 ] [ 編集 ]
高坂の演奏を聴いたとき、「ロシアンクラシックかよ」とひとり突っ込み入れてしまったけど、
う~ん、、、やっぱあっちの方がいいのかぁ…
[ 2015/06/18 23:22 ] [ 編集 ]
嫁にするなら明日香よりデカリボンだな。少なくとも葬式で泣いてくれそう。
[ 2015/06/18 23:25 ] [ 編集 ]
3年間の限られた部活ならではのエピソードですね。
他人に過剰に入れ込んで同一化する優子と、冷徹なまでに他人と自分を分けることによって他人が分かるスタンスっぽいあすかが対照的だった。
一人相撲→号泣の優子痛かったわー。
でも優子は自分の身勝手さを自覚してるから、まだまし。
(現実世界では無自覚で正義ヅラしてるのが多数)
[ 2015/06/18 23:26 ] [ 編集 ]
いやいや、管理人さんいつもありがとうございます。
[ 2015/06/19 00:01 ] [ 編集 ]
トビケラの集中羽化の中を突っ走るのは、人でも自転車でも車でもキツイ。
久美子が鞄で避けているシーンは妙にリアルでニヤッとなった。
そんな、夏の夕刻、川辺で黙々と練習に励んでいるトロンボーンの彼は大した奴だ。
後の掃除がね。なにかと大変だろうな・・・と。
[ 2015/06/19 00:08 ] [ 編集 ]
>誰も悪者になりたくないもの。そこが不満なの?

その辺の考察も既にその書き込み内で考察済みと思いますが…
誰も悪者になりたくないから手を挙げなかった事については指摘してあるでしょ

勝手な噂で不平不満を述べたが、
その結果を突きつけられたら悪者にはなりたくないという
言いたい事は無責任に言うが、
その結果、自分が間違っていても先生にも謝らないし、
悪者にはなりたくないから意見表明しないという態度がずるいって話ですよ?

機微や駆け引きが分かっていなくて文句言っているのではなく、
みんな、そんなことは分かっていて、ずるいと文句言っているんですよ言うことです
そこまで言ってもアホが多いなと思うなら別にいいですよw
[ 2015/06/19 00:31 ] [ 編集 ]
それぞれの思惑が交錯しているのが描かれていて青春だねーって
感じで面白かったな

翻訳は元記事が増えたら補完して頂けると嬉しいです
[ 2015/06/19 00:45 ] [ 編集 ]
なんで二人の演奏が済んでから決を取らないんだ?
高坂の聞く前ならば拍手のしようがないよ。
[ 2015/06/19 01:07 ] [ 編集 ]
サファイアは麗奈に拍手しなかったから
来週一週だけミニサファイアと交換

ミニサファイアじゃコンバス支えられないだろ

そうだったあ
[ 2015/06/19 01:14 ] [ 編集 ]
「自分が悪者になってでもあなたを支える」っていうリボンと久美子の対比なので
モブに拍手させちゃうと演出が成立しないんだよねぇ~確かに加藤ちゃんは拍手したん
だらかサファイアもしとけって思うけどw
[ 2015/06/19 01:25 ] [ 編集 ]
まあサファイアは「部の空気を良くする為なら辞退も止むを得ない」って立場だったからな
そういう意味で拍手も出来なかったんかもしれん

しかし俺的には今回デカリボン株爆上げだったんだが、そうでもない人多いんだなw
[ 2015/06/19 01:41 ] [ 編集 ]

葉月には二人の音の違いが分からなかった(あのシーン、違いが分かった人は目を開ける演出だった)。
だから葉月の拍手も久美子に合わせただけ。

みどりはもともと部の雰囲気のために麗奈がソロから降りるのがベターと思ってたから、麗奈推しはできなかったと思う。
[ 2015/06/19 01:44 ] [ 編集 ]
>みんな、そんなことは分かっていて、ずるいと文句言っているんですよ言うことです

そんなもんです現実は。リアリスティックで且つ深みのある演出だと思います。

自分が「ずるい側」の人間だったとしても同じような反応をせざるえなかったのかもしれないなと思ったんですよね。決して自分は「ずるい」人間にはなりたくないけど、この状況だったらもしかしたら「ずるい」側の人間になってしまうのかも?とね。

それはやっぱり先輩後輩という上下関係もあるし、香織先輩の境遇や人柄とかもね加味すれば。それに比べ一年生でメッチャ上手くて自己主張が強くて先輩より自分が上手い、なんて言う後輩は普通嫌われます。でも上手いから誰も正面きって反論は出来ないのだけどね。
だから上手かった方に素直に敗北を認めて拍手なんて、そんな割り切って簡単に出来ませんよ?日本的な団体行動の心理なら普通そうじゃない?なんてリアル。

「ずるい」だけでは割り切れない、そんな奥深さ、人間模様がよく出来てるなと思うのですよね。
[ 2015/06/19 01:47 ] [ 編集 ]
部長が拍手した理由はリボンちゃんへの配慮だと思ったんだけどな。
リボンちゃん的には拍手したのが自分だけというのはかなりきついだろうから。
[ 2015/06/19 02:01 ] [ 編集 ]
デカリボンのやってる事は、泣きボクロ先輩のためでなく
自分のエゴのための行為だから擁護のしようがない、いわゆるモンスター親のそれと同じ

このドラマ最高だけど
デカリボンが不細工キャラだったら、もっと心に刺さるのに
[ 2015/06/19 02:32 ] [ 編集 ]
原作での再オーデションは、ホールで香織の直訴だったから、読むのが辛くなるほど痛々しかった、正直、顧問からの提案への改変はホッとした。
原作2巻以降、麗奈は久美子へ絶大な信頼を寄せて、2人の関係は大親友へと変貌していくのだけど、原作ではその過程の描写が弱く、ちょっといきなり感があって「おいおい、いつの間にこんな仲良しになってん?」とつっこみいれながら読んでた。百合メガネを掛けて見れば暴走に見えるようだけど、これぐらいの演出は悪い改変とは感じないなぁ、久美子大好き麗奈は見ていて百合的な意味でなくたのしい。
[ 2015/06/19 02:37 ] [ 編集 ]
>香織って西郷隆盛だなって思うw

つまり、次回は香織が部内の不満分子を集めて反乱を起こし内乱となる。
あすかが抜刀隊を結成し進軍。
壮絶な斬り合いの末に香織軍敗北。
香織「晴どん、ここいらでよか。」と切腹
晴香「ごめんなったもんし」と介錯
2人の切腹を見守った優子は最後の突撃をし戦死。
こんな展開に。

[ 2015/06/19 02:49 ] [ 編集 ]
原作では2年生のときの香織はソロどころかBだったのだよね。心が折れそうな中、それでも1年生を守るため3年生を必死で説得してた。その姿をリボンは見ていた、だからこそあんなことまでした。アニメの香織が1番うまかったのにソロを3年生に取られたではちょっとなぁ、これじゃ去年3年生が香織にした仕打ちを麗奈にするって事じゃねえか。これは花田さん大失敗だぞ。
[ 2015/06/19 03:08 ] [ 編集 ]
こういう作品に関するコメントって必ず「表面しか観れてないやつ」「深読みするやつ」「自分の好みでつじつま合わせて批判するやつ」「とりあえず叩くやつ」に分かれるよな。

あと「未だに花田に恨みを持ってる粘着質な提督w」が若干名www
[ 2015/06/19 06:20 ] [ 編集 ]
ま、この程度がスタンダードなんだろうな・・・卑怯とかw
[ 2015/06/19 07:59 ] [ 編集 ]
>これじゃ去年3年生が香織にした仕打ちを麗奈にするって事じゃねえか。これは花田さん大失敗だぞ。

あらあら、人間はロボットじゃないよ。
無意識に自分のことを棚に上げてるって結構あるよ。先輩にされた嫌なことを自分が先輩になった時に後輩にその嫌なことをしてるって案外あること。そんなリアルな人間模様が面白いと思うんだけどね。
[ 2015/06/19 08:04 ] [ 編集 ]
>8話くらいから色んな原作改変のしわ寄せが来て破綻している。

どこが?物語上破綻してる部分なんて何一つ無いんだが
お前が言ってるのは原作とのズレなんだろ?
適当な言葉使うな原作厨
[ 2015/06/19 08:25 ] [ 編集 ]
実力も正義も麗奈にあるからこそ自分が敬愛する人のために悪者になって
後輩に情けなく懇願するデカリボン先輩は凄くカッコ良く感じたな
だって香織先輩がソロを吹くためにはもう高坂麗奈の情に訴えるしか無い状況だからね
それは確かに卑怯な行いだけど、自分で卑怯だと思うこと、明らかにかっこ悪いことを
理解した上でやれるのは凄いことだ
それだけ本気だったから、集団圧力には毅然と反発してた麗奈にさえ迷いを生ませられたんだと思う
[ 2015/06/19 08:48 ] [ 編集 ]
>これじゃ去年3年生が香織にした仕打ちを麗奈にするって事じゃねえか。これは花田さん大失敗だぞ。

むしろ前回は我慢させられたのだから今回はお前が我慢しろという理屈は非常によくある
体育会系の上下関係なんてまさにそれだし
1年の時パシられて嫌だったから上級生になったらパシルのはやめようなんて思うやつより
1年の時パシられたから2年になったら1年パシって楽できるって方が多数派なんだよ
[ 2015/06/19 09:20 ] [ 編集 ]
何気に前回の毛布の話が伏線になってんだよね。
会場は広いので、もっと響きを意識するために毛布をはって吸音してる。

で、香織と麗奈の音を(一応)普段から聞いてた部員達が、
麗奈の演奏に目を丸くしたのは、広い空間で鳴らしたときに、
狭い音楽室で聞いていたときはあまりわからなかった、響きの差が露呈したからだよね。

[ 2015/06/19 09:54 ] [ 編集 ]
高校生だから危うい百合もありがちだし、りぼんちゃんのまっすぐな気持ちもありがちだし、女性が多ければドロドロもありがちだし、全体のクオリティを伸ばすにはどこかで人情も切り捨てていく難しさもありがち。
この作品かなりリアリスティックで京アニの中でも挑戦的な作品だと思う
[ 2015/06/19 10:12 ] [ 編集 ]
いまどき原作を絶対視してる奴なんて
『SHIROBAKO』の《変な話くん》くらいしかいないんだが
[ 2015/06/19 11:12 ] [ 編集 ]
たぶん既読組は、読み進んでいくうちにリボンのイメージが一気に良くなったのだよ。
「そうか、そういうことがあったんか、めっちゃええ子やん」ていう、それがアニメではイマイチ弱かった、それが歯痒いのだと思う。
私も既読組だけど、京アニの演出・肉付けに関しては大絶賛してる、他作品では氷菓の偽札の回とチョコレートの回、原作読んで「これどうすんねん?」だったのが2つとも神回、だから期待が大きかった、10話でポニテ先輩株爆上げのように、11話ではリボン先輩株爆上げを期待してた、期待が大きすぎたんだと思う。
[ 2015/06/19 12:41 ] [ 編集 ]
今回の公開オーディションは、香織が「他人に文句を言わさせない、堂々たる敗北宣言をする」チャンスをあたえることと、噂に付和雷同した部員たちに自分たちの恥じた行為を自覚してもらうため。と、いう側面があったと思うな。

ブラインドテストでない、っていうのが、今回のポイントで、誰が誰に拍手したかお互いにバレバレになるのが重要な所ということ。

そして演奏順も、まず賛成票が多く集まるであろう香織先輩を先にして、判定前の時点での拍手の数はそれなりに獲得させる。
誰の耳にも高坂がうまいと分っているが、過去3年間の政治的な事情で高坂支持を表明できない、極端に実力差がないなら保守的な投票をするのは見え見えだから、かの女の演奏の後に拍手があるのは当たり前。

そして、次に、最終兵器投下だ。滝センセイ、ものすごい策士かつサディストだと思ったよ。高坂の演奏を聞けば、もう異論の余地はない。
そして、全員での拍手による評価の時、1回めに拍手をしていたはずのクラブメンバーのほとんどは拍手しなかった。拍手したのは信者のデカリボンと、友人の部長だけ。

音楽は嘘をつかないけど、人は嘘をつく。あも評定のときに、本心から香織を気にかけていた2名は最初の行動を貫いて拍手したけど、他の人は「ここで拍手すれば、みんなが見ている前で自分は嘘つくことになる」という程度に他人の顔色を伺うことができる。かと言って、今までさんざん罵声を浴びせてきた香織に対して手のひら返しで拍出するとおい」とか「今までの仲間を裏切ることになる」というような状態を、これまた他人に自分の顔を見られている状態で実行しなければならない。

あのプレイヤーそれぞれと心中するつもりの人以外は、そりゃ、どっちにも拍手せずに棄権するよ。つか、おれがあの場の傍観者になりうる立場だったら、朝、急に風邪を引いてオーディション後に来る・・・ 卑怯者を呼んでくれ。でも、それくらい誰を支持するか「人前で見せる」という行動はプレッシャーの強いものだ。

なんのことはない、今回滝センセイからテストを受けたのは、二人のトランペット奏者ではなく、傍聴席にいる側の生徒なんだよ。ほとんど踏み絵。そして香織先輩と特別な友人関係にあったヒト以外は、香織先輩のために高坂の写真を踏むことはできなかった。
「音楽は嘘はつかない。だか、君たちが嘘をつくのかどうかは関係者全員のいるところで明らかにしろ。」と、いうこと。

そして香織先輩はタイマン勝負で全力を尽くして負けたという自覚と充実感があるから、「自分はソロはできない。高坂さんがやるべきです」と宣言する。彼女はとっくの昔に能力差を自覚しているんだからね。今回、人気投票でなら勝てても実力判定では乾杯することは知っていた。そして彼女は演奏家の誠意とプライドから「私よりうまい高坂さんがらるべきだ」ときっぱり宣言する。

今回の騒動は、どちらがうまいかという評価の問題ではない。技量と年功序列のどちらを優先すべきかという集団運営における基本方針が、滝先生の参加によって完全に変わったということを、これ以上はないという明白な形で部員に理解させたと、いうのが、その成果なわけ。もし2期があるなら、昨年の部内対立で遊び人の先輩に嫌気が差して出て行った実力者たちが、滝先生指導下の新・吹奏楽部に何人か戻ってくるはずだ。
[ 2015/06/19 13:02 ] [ 編集 ]
結果的にリボンは香織に恥かかせただけだよな
高坂が「このままじゃ私が悪者になる」って揺らいでるのが意外だった
ポロッと本音が漏れる時以外は都合の良い立ち回りをしてきた久美子が宣言通り堂々と高坂に票を入れるシーンもナイス
[ 2015/06/19 13:37 ] [ 編集 ]

投稿ボタンを押す前に読み直そうぜー
誤変換も日本語の誤りも気づけるからさー
熱弁がもったいないよー
[ 2015/06/19 13:41 ] [ 編集 ]
個人的にはリボンの株結構あがったけどな。
卑怯には違いないけど理由には納得できたしあそこまで信念持って貫けば結構な事だと思った。
[ 2015/06/19 14:04 ] [ 編集 ]
最近、アニメファン自身が小うるさいPTAのオバチャンみたいになって
他人との違いやとか、理屈こねて許容できなくなっている様な気がする。
嫌い、で済ませずに存在が許せないとでもいうように。
[ 2015/06/19 14:06 ] [ 編集 ]
リボンがわざと負けてくれと申し出たのは、麗奈と久美子以外にバレてたら本当にコンクールどころではなくなってたんだよな
それだけは若さゆえの過ちで許しちゃ駄目なとこだと思う
で、許されないことまでやってしまうのが一途な女子高生だとも言える
リボンの行動は共感は絶対出来ないけど理解は出来る、といったところかね
先輩のためと暴走しなければいい子だというのはまあ分かる……けど、今回の行動で評価上げろと言われるとちょっと難しい
[ 2015/06/19 14:11 ] [ 編集 ]
2人の競奏に対しての海外の意見が知れて良かった。
[ 2015/06/19 14:36 ] [ 編集 ]
正しいとか正しくないとか、ずるいとか卑怯だとか。物語の登場人物達に聖人君子を求めて、その規範から外れると鬼の首を取ったかのように文句をつける。息苦しい見方してるなあ、と思うよ。ここの※欄では見かけないけど酷い暴言を吐く輩もいるし。

ちょっと話が逸れるけど、現実では恋愛弱者のためゲームに参加できず、そのルサンチマンからアニメで男女の恋愛が絡むとぼろ糞に叩く層と言うのがいる。また、いわゆる日常系アニメでちょっとシリアスな展開をやるとこれまた叩く層がいる。現実を忘れるためにアニメを見ているのに、アニメでまできつい話を見たくないんだそうだ。

綺麗で正しく、楽しいものだけ見ていたいってのは凄く幼児的な考えだと思うんだけどねえ。劣化、とまでは言いたくないけど…
[ 2015/06/19 14:49 ] [ 編集 ]
個人的には男子部員に黙秘する奴しかいなかったのが気になった
男はこういういざこざ気にしない奴が結構いるんじゃないかと思ったんだがな
[ 2015/06/19 15:30 ] [ 編集 ]
吹奏楽部に所属している男子は大勢の女子に囲まれているため、
人間関係に敏感にならざるを得ないんじゃないだろうか。
[ 2015/06/19 19:08 ] [ 編集 ]
ゴタゴタ揉めたけど差は初めから明らかで、並べて吹かせて「わかったか」で一発終了
滝先生は軍曹に言われて改めて気付き、部員たちは麗奈の演奏で気付いた

再オーディションや拍手投票の形を一応は整えたけど
やってみれば早々にそういう問題ですらなくなるということを滝は確信してたと思う
ブラインド審査にしなかったのはそのためだろう
部員がみんな拍手しないのも、そりゃ保身もあるだろうけど
もう投票の意味がなくなったと感じてたからじゃないか

リボンと部長と久美子の拍手は
演奏者二人の苦しみを最も知る者からの手向けという意味にシフトしていた
素晴らしい演出だったよ
[ 2015/06/19 19:09 ] [ 編集 ]
久美子の百合告白にはドン引きした。
[ 2015/06/19 20:57 ] [ 編集 ]
すげえわかりやすかったけどな
香織先輩に拍手出来ない時点で高坂に拍手するわけにもいかないなんてのは集団生活してりゃそう思うこともあるよ
まあアニメにこういうの求めてない人多そうだし百合すぎるのは俺も求めてないしなあ
あの目を閉じて比べようと思ったらこうも違うのかって感じで目を見開いてしまう人たちの気持ちよくわかる
[ 2015/06/19 21:17 ] [ 編集 ]
最後に滝が「お前は倒した3年生の無念を背負って吹くんだぞ忘れるなよ」って凄むの超よかった
当たり前だが彼は冷血でも何でもなくて
葵ちゃんや香織先輩やリボンの苦悩を全部理解してんだよな
[ 2015/06/19 22:26 ] [ 編集 ]
>これじゃ去年3年生が香織にした仕打ちを麗奈にするって事じゃねえか。これは花田さん大失敗だぞ。

原作も、アニメも同じで、香織先輩が自分を納得させるための再オーディションでしょ?
[ 2015/06/19 23:19 ] [ 編集 ]
これじゃ去年3年生が香織にした仕打ちを麗奈にするって事じゃねえか。これは花田さん大失敗だぞ。<

このコメント結構批判されてるけど、当時の1年生をかばったためにA編成のメンバーから外されたのと、単に1番上手かったのにソロパートを吹かせてもらえなかったのとでは全然ちがうでしょ。
香織が1年生の時の話は語られていないけど、おそらく上級生優先だったとしたらA編成には選ばれてなかっただろうし、優子としては尊敬する香織の高校時代 最初で最後の晴れ舞台、そうでもなければ優子の行動は極端すぎる。
それと実はこの話は原作2巻で語られる内容で、物語の結構重要な要素でもあって原作厨には2期フラグがへし折られたほどのショックだったと思う。わたしも愕然とした。
[ 2015/06/20 01:42 ] [ 編集 ]
久美子の高坂に対する百合告白に否定的なコメ結構あったね。
どうもオヤジぽい理路整然としたコメの人に否定的意見多いように感じだけど?
リアルの中・高校吹奏楽部では、大多数が女子部員でしめられる女の世界♪

そこでは音楽を共に作り上げていく過程で育まれる同性の友情は勿論のこと、百合感情もごく自然に当たり前のように生まれているわけで…思春期の女の子達にしてみればとてもリアルなそしてありふれたお話なわけ。
久美子と高坂のプラトニック百合関係にドキドキしてる現役吹部女子、結構多いと思うよ♪
まぁそこが京アニの狙いなんでしょうし、お話にリアリティーだす為には避けてとおれないエピソードだと思うなぁ。
[ 2015/06/20 04:04 ] [ 編集 ]
ああ言う事言わないのが久美子のキャラなんじゃないかなぁ?
あの場面だけ妙に浮いてるし
ある層に媚びてるのが感じられて嫌だわ
[ 2015/06/20 04:49 ] [ 編集 ]
話の筋とは関係ないけど

弱小校が全国に行くためには実力あるものを選ぶ
という当たり前のことが女には理解できていないってエピソードだった

こいつらまだ本気じゃないのかな?
[ 2015/06/20 06:19 ] [ 編集 ]
こういう時って両方聞いた後でどちらがよかったか聞くもんなんじゃないの
[ 2015/06/20 07:44 ] [ 編集 ]
もう少しコメ拾ってくれよ・・・
[ 2015/06/20 07:49 ] [ 編集 ]
棄権が卑怯とか発展途上国か
[ 2015/06/20 09:05 ] [ 編集 ]
>思春期の女の子達にしてみればとてもリアルなそしてありふれたお話なわけ。
久美子と高坂のプラトニック百合関係にドキドキしてる現役吹部女子、結構多いと思うよ♪
>まぁそこが京アニの狙いなんでしょうし、お話にリアリティーだす為には避けてとおれないエピソードだと思うなぁ

リアルと言い切るところがオヤジの俺には理解できない現実世界。
[ 2015/06/20 11:18 ] [ 編集 ]
>こういう時って両方聞いた後でどちらがよかったか聞くもんなんじゃないの

そのとおりだし、あの場面でもそうしている
前もその事をいう奴がいたけど、その時は質問自体が間違ってるからスルーされてた
おまえがいってるのは、1人目のマドンナの後の自然発生的な拍手のことだろ
その後、両方が演奏した後で先生が正式に決をとっているぞ
ていうか、その事は日本側のコメを読めば何度も描写されているんだが
[ 2015/06/20 12:00 ] [ 編集 ]
自分達を特別だと思っている思春期の二人の中2友情として見たら結構説得力があると思う
[ 2015/06/20 12:10 ] [ 編集 ]
これだから選挙権を十代に引き下げるのは慎重にしろと……
[ 2015/06/20 12:17 ] [ 編集 ]
今見た、こんにちわ^^

細かい所見を省いて、吹奏楽知らない人に判りやすく言うと
ニコ動の歌い手と将来有望なアーティストぐらいの差かな・・・あははw

ラッパの1st3年はカラオケがすっごい上手い人ってことねw
[ 2015/06/20 12:27 ] [ 編集 ]
俺はリボンちゃんにある意味では共感したし、尊敬すらしたわ
アニメだと、とかくこういうシチュエーションを同性愛だろ的な安っぽい見方しか出来ない外人がいるみたいだけど、そんな単純な関係じゃない
先輩のがんばりや矢面に立つ姿をずっと見てきて、どうしても、どんなことをしても報われて欲しかったという後輩の純粋な思いがそうさせたんだよ
見た目や声、言動の幼さからただのわがままな子供と断ずるのは違ってると思う
まあ、歪んではいたとは思うけど、無力な女子高生が必死になればそうなるしかないのは仕方ないよ・・・
でもそのどうにもならないことを恐らく分かっていながら、あそこまで必死に誰かのためにあがく姿には感動したよ
[ 2015/06/20 13:25 ] [ 編集 ]
二人の演奏差が素人にも判るレベルで表現されてたのは良かったね
始まって数秒で音の伸びが素人の俺にも格段に判るレベルだった
実際はソロ奏者の優劣なんてプロが聴いても紙一重なんだろうけど
[ 2015/06/20 15:02 ] [ 編集 ]
>デカリボンは真面目なんだな

と上の方で書かれているコメント見て泣いた
デカリボンちゃん好きになったわ
[ 2015/06/20 20:38 ] [ 編集 ]
>久美子の百合告白にはドン引きした
>ああ言う事言わないのが久美子のキャラなんじゃないかなぁ?

確かに以前の久美子なら、ああ言わなかっただろうが、例の山登り以降変わったんだと思う
久美子から見たら麗奈は憧れであり同志ともいえる存在で、その麗奈が、いわば四面楚歌のなか先輩を切りにいくわけだから、単に「頑張ってね」程度の言葉では弱すぎるし、大河ドラマで戦におもむく同胞を送り出す時に使われるくらいの言葉を掛けるべきところだから「もしも裏切ったら○ろしていい」という友愛の告白が必要だったんじゃないかな
間違っても、百合告白などではないと思う
[ 2015/06/20 21:19 ] [ 編集 ]
ここで言う百合批判は、ある層を狙ってるって部分だと思うよ。
わざとらしさと言うか。
[ 2015/06/20 21:43 ] [ 編集 ]
原作ではどうなってるのか知らないから想像だけど、
「過去のクソOBと中世古先輩」「今年の中世古先輩と麗奈」
の関係描写で

・クソOBの後輩苛めを諌める
⇒麗奈にひどい事はしないで、とデカリボンに念押し

・自分より下手糞が横でソロ演奏する所を聞かされて憂鬱
⇒年次関係なく、演奏の優劣を堂々と競ってソロ決め

みたいに、対象的な映像があるよね。
とすると、たぶん実はその対比が敢えて出てこない

・麗奈とお弁当を一緒に食べる場面
・一緒にいい演奏しようねって麗奈に話す場面

にも、一番上手な後輩だった中世古先輩(あるいは叩かれ
やすそうな容姿のデカリボン?)が、本当は真逆のことを
されてる過去もあるんだろうな…って、ふと思った。

そこまでされててなお、最後の問いに逡巡しつつも、

・ソロは3年生(のヘタクソOB)が吹くべきだと思います。
⇒ソロは演奏に優れた高坂さんが吹くべきだと思います

って麗奈に微笑みを向けているのだよね、この先輩。
凄く切ない…。
[ 2015/06/20 21:48 ] [ 編集 ]
いやいや百合なんてリアル女子高にゴロゴロころがってますがな
[ 2015/06/20 22:23 ] [ 編集 ]
どちらにも拍手しない人がいるってのは現実でもよくあることだけど、あの場面ではそういう人が多すぎた。
だからもしかしたら滝先生が「どちらにも拍手をしていない人はどちらなのかはっきりしてください。いいですか?もういちど決をとりますよ」とか言い出して…
そこからまさかの火の鳥・鳳凰編のような展開があるかとくっそドキドキした。
その数秒後に滝先生が「中世古さん、あなたは…」と言い出すまでは本当に心臓がとまりそうだった。
[ 2015/06/20 23:39 ] [ 編集 ]
原作破綻という声もあるが、どっちを先にインプットしたかだけの問題だと思う。人間は第一印象が100%という場合が結構ある。リボンの思い込みも一緒。
原作も完璧に作ってあるわけでもない。
正直原作よりアニメのほうが久美子の魅力が際立たせてあるから、アニメの方が好きだとしか言えない。原作の久美子は普通の人過ぎるんだよ。好き嫌いの話だけどさ
[ 2015/06/20 23:39 ] [ 編集 ]
皆の前で演奏させた上で、本人に「吹けますか」と問う瀧先生。
まあ、本人が吹けないと言うのだから、決定に異議は出しようもないが、
確かに陰険だわな。
[ 2015/06/21 10:57 ] [ 編集 ]
>ジャッジすることに対する恐れ、集団思考が妙にリアルだった
>高坂の方が上手かったわりに誰も拍手しなかったのがマジで良い感じじゃん。

誰も拍手しない描写は日本の高校生らしいと思っていたけど、海外の方がちゃんと評価しているのに驚いた
意外に海外でも集団になるとこういうことが起こるんだろうか
対して日本人の感想ではこの描写に文句をつける人が多いってのもある意味面白いかも
[ 2015/06/21 13:31 ] [ 編集 ]
結局リボンの一人相撲
顧問がひいきしたんじゃないかと非難したくせに自分は公平性の欠片もなく先輩を猛烈にひいき
擁護のしようもないほどクズすぎる
[ 2015/06/21 15:49 ] [ 編集 ]
デカリボンちゃん俺結構好きだけど海外だと人気無いね。
選から漏れた人が納得するための狂言回し的キャラだから理解されることはないかもだけど。
久美子と高坂は相思相愛だけども、香織先輩は明日香が好きでデカリボンちゃんの片思いなんだよな。
香織先輩が立候補したのも納得できないデカリボンちゃんを納得させるためのものだし
彼女は先輩が押し隠してる部分をさらけ出させるための純粋な感情の部分を請け負ってるんだろうなぁ。
[ 2015/06/21 22:06 ] [ 編集 ]
翻訳量が少ないんで自分で英語サイト見てきたがちょっと辟易
延々とkiss her now! yuribait again! f**k kyoani!って
百合トークばっかで管理人さんもそれで翻訳スルーしちゃったんかな?
マーチングとか経験者の音楽トークが面白かったのに彼らどこ行ったん?
香織と麗奈の真っ向勝負が見所だったのに音楽そっちのけで百合百合百合…

原作既読者が少ないのが海外感想の面白い所なんだが
今回はそれが悪い方向に出ちゃってるんだろうか?
これそういう話じゃねーんだけどなぁ…
[ 2015/06/23 01:52 ] [ 編集 ]
ガキみたいな意見が目障りなのは日本も海外も変わらないなあ。
たかが高校生のガキに嫌いだのウザいだのクズだの無能だの……大人の余裕が感じられない。
俺様くらい大人になれば、利口なガキも未熟なガキも同様にかわいい。
[ 2015/06/23 03:09 ] [ 編集 ]
>久美子の百合告白

けっこう、百合認定する人多いけど、これぐらいで百合なのかな
女子校ジョークだと思うけどなあ
[ 2015/06/23 06:24 ] [ 編集 ]
>ガキみたいな意見が目障りなのは日本も海外も変わらないなあ。
>たかが高校生のガキに嫌いだのウザいだのクズだの無能だの……大人の余裕が感じられない。
>俺様くらい大人になれば、利口なガキも未熟なガキも同様にかわいい。

やっぱり、メインは中高生なんじゃないかな、妙に潔癖な意見も多いし
おとなも結構かわいいw
[ 2015/06/23 06:51 ] [ 編集 ]
二次元に肩入れして他人の一意見に目障りだの言ってるのも十分ガキくさいけどな
[ 2015/06/23 13:49 ] [ 編集 ]
>二次元に肩入れして他人の一意見に目障りだの言ってるのも十分ガキくさいけどな

目障りに感じている主語は、日本や海外の投稿者が、だぞ
[ 2015/06/23 15:28 ] [ 編集 ]
SHIROBAKOとユーフォで正反対の大きな役を得た山岡ゆりは勝者。
[ 2015/06/26 11:32 ] [ 編集 ]
この人達どうやって観てるの?
同じタイミングで海外で放映されてるとは思えないんだけど
[ 2015/06/26 12:37 ] [ 編集 ]
>この人達どうやって観てるの?

合法(有料)なネット配信もあれば、ネットによる違法視聴もあるみたい
その割合は分からないけど
[ 2015/06/26 13:18 ] [ 編集 ]
まあ、トランペットを振りかざしての殴り合いにならなくてよかったわい。
[ 2015/06/26 20:31 ] [ 編集 ]
>同じタイミングで海外で放映されてるとは思えないんだけど

最近は殆ど同じタイミングでネット放送されてる。(日本最速の1時間遅れとか)
クランチロールが有名だけど、日本からのIPは弾かれるようだ。
[ 2015/06/26 21:56 ] [ 編集 ]
12話どこ行ったー!
[ 2015/06/27 21:24 ] [ 編集 ]
あらら、ここも更新止まっちまったか
[ 2015/06/27 22:44 ] [ 編集 ]
そりゃ少ないとか色々と言われたらモチベも下がるわ
[ 2015/06/28 02:23 ] [ 編集 ]
海外の反応と掛けて ユーフォに苦戦する久美子ととく
 
その心は

仕上がりを心待ちにしています
[ 2015/06/28 03:33 ] [ 編集 ]
「投票を棄権するのは卑怯だ、ズルイ」という意見に対して、
現実にはよくあることだから、
卑怯とかズルイと感じるのは精神が未熟だとする意見があるけれど、
現実にはよくあることか否かと、それを卑怯と感じるか否か全然違うでしょ

社会経験の豊富な俺は、こんな些細な事で動じないぜってアピールしているだけで、
むしろそんなズレた余裕アピールする方が未熟っぽく感じるけどな

ともあれ、下らない事で争うと管理人さんが俺はこんな事の為に訳しているんじゃない
とやる気がうせちゃうかもしれないから、
反対意見の人への尊重と管理人さんへの感謝も忘れずにいないとね
[ 2015/06/28 14:18 ] [ 編集 ]
登場人物の行動にずるいと文句を言う=この作品に文句を言うって事じゃないのに
混同してこの作品がディスられたと思って、
文句を言っている人の感性を貶すのはズレていると思う
[ 2015/06/29 23:41 ] [ 編集 ]
デカリボンちゃんを筆頭に、オレ的には「賛成も推奨もできないが、
でも、アンタはそういう行動をとった理由と気持ちは理解できる」
と、いう感情を、今回のモブも含めた全キャラクタに対して
抱いたなぁ

ある集団を構成している仲間のなかで、『手を挙げられない』『拍手出来ない』
という状況を、その集団とは何の関係もない部外者が高みの見物で
卑怯だとか、ズルいとかいうのは、自分は絶対安全な場所のいる状況でモラルや
道徳を語る評論家みたいで、ちょっと嫌。
[ 2015/06/30 00:10 ] [ 編集 ]
翻訳おつかれさまです。

>やる気がうせちゃうかもしれないから
本当にね。海外の人たちが、どう見ているかを知ることができる貴重なコンテンツなのに掲示板の書き込みが日本人同士の争いばかり。
12話以降の分が来なくても不思議じゃないわ。
[ 2015/06/30 11:32 ] [ 編集 ]
管理者さんについて特に何かを言いたいのはなく、いちおう状況説明ね。

この第11話に関する英語系掲示板の反応ってのは、アニメの内容や楽器の演奏に関する意見よりも、百合とか少女愛について熱く(すこし喧嘩腰で)主張する書き込みとか、「京アニは、百合アニメもどきで視聴者をかき集めている。ケシカラン」みたいな京アニに対する批判とかが多くて(しかも、そういうのは超長文)、アニメを楽しんでいる人たちの
反応というよりは、「顔を真赤にして泡を吹きながら議論するオタクのあつまり」という雰囲気が、割りと濃かった。(比較対象のアニメが、「ストロベリー・パニック」や「桜Trick」だったりして、板を間違えたかと思うくらい)

オレ自身も、自分が気にする話題にスレの流れを持って行こうとする傾向があるという自覚はあるから、あっちの掲示板で熱く長く語っていた人たちを批判しようとは思わないけど、少なくとも、この回の「響け ユーフォニアム」のアニメの内容に対する感想を拾いだし、翻訳まとめサイトの記事にするというのは、管理人さんも、かなり苦労したと思うよ。たしかに、翻訳して紹介した時に読み手がおもしろいと感じられそうな雰囲気ではなかったからね・・・

一方12話は、さすがにアニメの内容(久美子の行動、そしてラストの場面で久美子の一言に動揺する麗奈・・・ など)に則した感想が多かったので、その翻訳も楽しめると思う。ただ、12話の場合は書き込みと貼られている絵(コラを含む)の分量が多いから、まとめるのは結構キツイんじゃないかな。
[ 2015/06/30 17:40 ] [ 編集 ]
自称日本人代表多すぎ
[ 2015/08/21 19:21 ] [ 編集 ]
いちゃもんつけた奴らの為もあるから再オーデションなんだよね。こいつらは白黒つけるべきだし自分なら人間関係なく上手い方に投票するって人が怒ってるんだろう。自分は来年出れるかわからない可能性あるしそもそもコンクールで負ける可能性があるって意味で全員の足を引っ張り不正するデカリボンは擁護できないしそれを尊敬する輩はちょっと意味が分かんない。今まで頑張ってきたのに土壇場でそんな理屈で負けたくないもの

年功序列で損したからって言い分は分かるが実際自分もそれで損したことあったし今までのやり方を切り替える際、犠牲は必要で後輩にはそんな理不尽な伝統で苦労はさせたくないんだよね。今回はその葛藤がメイン
それと香織が再オーデ受けたのはデカリボンの為ではなく自分の力量を見極め過去の事も含めソロは無理だと区切れるようにする為だろうね
[ 2015/12/03 13:35 ] [ 編集 ]
うまいところに落としたなと思いましたよ。10話で再オーディションを出してきたのもいいアイデアだと思ったけど、票が拮抗していると見るや香織先輩にソロを吹くかどうか問いかけるところまで 。そして流れるように高坂への釘刺し。これは同時に香織先輩やデカリボンなどへのケアになっ ていることなど、うなりましたよ。
無責任な噂をしている連中への責任追及しないのかよって意見があったけど、そんなことをしたら部は空中分解、コンクールもままならなくなっていたよ。一聴して実力がどっちが上なのか分かっただろうし、何より香織先輩が譲ったというのが大きい。わだかまりも先生への疑念もほぼクリアになった形だし、高坂との実力差と香織先輩が譲ったこととデカリボンの号泣で自分たちが無責任なうわさ話をしていたことに罪悪感を持っただろうしね。票決時に拍手をする人がいなかったのは、そういうことなんだと思う。悪いやつ を糾弾してコンクールがうまくいくならあの先生はいくらでも糾弾してるはずだよ。でもそんなことやってもなんの得にもならない。 それどころか害になる。
卑怯者共に腹を立てていた人にはデカリボンの号泣くらいしかカタルシスがなくて残念だったねとしか言えないけど、物語のリアルとしてあそこで犯人探しというか責任追及など到底できないしする気もなかったと思うよ。それよりもこれで憂いなく前にすすめるという安堵感で一杯だったはずだ。
これはシナリオ書いた人が本当にすごいと思う。こん なに綺麗な落とし所を用意していたとはね。
[ 2016/01/13 15:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
人気フィギュア
ばくおん!! 鈴乃木凜&GSX400Sカタナ 1/10スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア ねんどろいど おしえて!  ギャル子ちゃん ギャル子  ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ ばくおん!! 佐倉羽音(制服)&CB400 SUPER FOUR 約135mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど ワンパンマン サイタマ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど 干物妹!うまるちゃん うまる ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ねんどろいど キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 桜ミクダヨー ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど 千本桜 feat. 初音ミク 初音ミク 千本桜Ver. ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク ねんどろいど ミクダヨー (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 秋津洲 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 初音ミク グレイテスト・アイドルVer. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア S.H.フィギュアーツ ばくおん!! 鈴乃木凜 (ライダースーツ)&GSX 400S KATANA 約135mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。