おたやく- 海外反応

気になる話題、それに対する海外反応をまとめるブログです
おたやく- 海外反応 TOP  >  スポンサー広告 >  海外の反応 >  響け!ユーフォニアム 9話 海外の反応 オーディションの緊張感がすごい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ]   スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

響け!ユーフォニアム 9話 海外の反応 オーディションの緊張感がすごい

6042015dyhtrdytr.jpg

響け!ユーフォニアム 9話 海外の反応 海外の反応・感想・ネタバレまとめ








■緑はなんて優しい友達なんだ!
葉月が「大丈夫」と言ったあとでさえもあんなに心配するなんて!
アスカが初めて怒ったね。このアニメのキャラは感情が豊かでステレオタイプに押し込まれてないのがいいね
このアニメはメインキャラがプロットアーマー(※メインキャラがしんだり、深刻に傷つかないように、設定によって守られていること)に守られていない!葉月が落ちた!これは予想外だった。

6032015gysrtgsretge.jpg


↑葉月は完全に初心者だし、バンドと合奏もしてなかったでしょ?彼女が落ちるのはごく自然なことだと思うよ


↑でもメインキャラの一人だからなあ
もしかしたら後で欠員が出て2回目のオーディションがあったりして


■緑がチューバくんを諦めた!チューバくんを心苦しそうに手放していた彼女を見て胸が痛んだ。なんていい友達なんだ!

6042015tghxdfghrfg34.jpg


↑それはチュパカブラですよ!


■ついにアスカの元気な先輩要素に翳りが見え始めたか?

6032015hrkj14332659kr39957.jpg


■4chanの連中も言ってたけど、久美子と高坂のシーンで部屋に舞ってる塵まで描かれてたなあ。さすが京アニだ。


■久美子がアスカ先輩に余計なことを言おうとしたときのナツキの様子・・・
ナツキはアスカがどれだけ怒ってたか分かってたんだな

6042015tghtsxrgs5435.jpg


■最後の結果発表は胸が押しつぶされそうだった
呼ばれなかった人たちの悲しみを見ることができた
そして可哀想な葉月・・・振られた直後にこれとか

6032015gysrtgsretge.jpg


↑葉月はそんなに深刻には受け止めてないみたいだけどな
まだ初めて1年もたってないでしょ
大事なのは彼女が急坂を登っていると理解しながらも真剣にオーディションに挑んだということだと思う


■落ちた人が泣き出したときは精神的にきたな


■久美子と高坂のシップは早くも沈んだか
このアニメは百合には分類されないのは分かってるけど、久美子と高坂の組み合わせが好きなのでね
EDでも運命の赤い糸で結ばれてるし、あの優勝スマイルもあったじゃないか
どうやったら彼女たちにシップ(※萌え)できないというんだ
それはそれとして、ナツキが選ばれなかったのは悲しいね。ここ数話で彼女を気に入ってたところだったからさ。
今回のハイライトはもちろん、あの久美子と高坂のあのシーンだよ。


■京アニは自分たちがしたことを分かっているはずだ
運命の赤い糸をちょんぎるようなまねはするはずがない


↑久美子の電車で慌てふためいたリアクションが何を意味するのか、それを知るには十分なほどアニメを見てきたつもりだ
今は京アニがそれとは違うことをするのを祈るしかない


■夢を見ることは可能だ・・・

6032015jyehevxE1VPb.jpg


■おい葉月!ベストカップルの邪魔をするな!


■久美子と高坂の足だけ映されたシーンは、てっきりキスするのかと思ったよ D:


↑まあオーディションの前だしそれはないだろうと思ったよ。もしそんなことしたら高坂が緊張でまともに演奏できなくなるよ


■オーディション前のシーンで、緊張で気持ち悪くなった人いる?
個人的にコンサートバンドの経験がある人にとってはこのアニメは格別だね
そしてオーディションによってドラマが最高潮になってきてイイ感じだね
高坂はソロパートをゲットし、久美子が合格でナツキは不合格、メインキャラ3人のうち葉月だけが不合格・・・
次回は一定のドラマが見られそうだ。期待して待とう。


↑ああ、自分はピアノリサイタルの前にあんな気分になったよ
待ち時間というのは本当に心臓に悪いし、葉月が言ってたみたいに「早く終わって!」って気持ちになる

6042015hhxdrhfg.jpg


■マーチングバンドの話は自分には関係なかったから、抑圧された記憶が蘇ってくることはなかったけど、今回のオーディションは・・・恐ろしい記憶が蘇ってきた


■ナツキと葉月が落ちたのが悲しい。プロットアーマーとは何だったのか


■なんてこった、これはみんなにとってのリアリティチェック(現実直視)だ・・・
緑が友達のために献身的なのがいいね。葉月本人よりも葉月の問題を気にかけていた。
葉月は明るく振舞ってはいるものの、彼女はまだ試練に苦しんでいて、どうしたらいいのか困っている。
そしてオーディション。これはすごく緊張感があった。ナツキ先輩が可哀想。彼女の個人的な変化は見て取れたのに。
ナツキは今がスランプから立ち直るチャンスだと気づいていて、努力もしたが、すでに遅すぎたようだ。
久美子はナツキに申し訳なさそうだったけど、これは以前の久美子の回想と似たような状況なんだろうな。

6032015htdsryhrtrt.jpg


■結果発表の前に終わらなくて良かった。
アスカは最初はただのひょうきんな人間だったけど違う面も掘り下げられたのが嬉しい。
簡単に言えば彼女は孤独な才女なのだろう。
一年前どちらにも加担せず中立を保ち、部長になろうとせず、音楽に関係ない責任は回避しようとする、というのが彼女の性格を物語っている。
いいかい、彼女は悪者でもなければライバルキャラでもない。単に利己主義の人間であって他人の事情などには関わりたくない人間なんだ。これは別に、最初の方の明るいアスカが存在しないと言っているわけではなく、それがアスカを信用できる理由だってことを言いたいんだ。
久美子と高坂の関係も進展しているね。二人の距離は近づいたし、今はお互いにサポートする親友として接している。以前の高坂に感心していただけの久美子とはエラい違い。アスカに率直に意見を言おうとして、ナツキに止められたときの久美子もいいね。人を批判することを恐れて自分で自分の口を閉じる女の子とは程遠い。


■ナツキー!nooooooo :(
それは現実になった:(

6032015htrsyhsrto.jpg


↑いいネタバレOPだね。視聴者がネタバレに気づかないネタバレOP。京アニはよくやった。:)


↑これって配置的にカオリがファーストトランペットで高坂がセカンドなのかと思ってた
だからカオリがソロパートをやるのかと思った


■このアニメ、異常に足のカットが多い気がする
足のカットを性格や感情の表現に使ったり、たまにもっと効果的な方法で使うこともある
足のカットを集めた動画を誰か作ってくれないかなあ
Tony Zhouが「椅子」に関する動画を作ったみたいに




■久美子は自身が競争する立場にいることを知り、先輩との競争を恐れる自分に気づいたけど、それを見た高坂はすぐ久美子に歩み寄り彼女を鼓舞した。この二人の関係の発展は、それが恋愛だろうがなかろうが、単純に素晴らしいと思った。もちろん、オーディションではこの百合の力がナーバスになっていた久美子に勇気を与えた。
オーディションでは高坂が受かってほっとした。落ちるはずがないと思いつつも、名前が呼ばれるのが遅かったからどきどきした。
ただそれと同じくらい、最近やる気になっていたナツキが落ちたのは悲しかった。
葉月のメンタルの強さや勇気、そして予想外の洞察力はとても10代のそれとは思えず驚いた。。彼女の諦めずに進み続ける姿勢が好きだ。
ただ、そうは言ってもまだ秀一とは顔を合わせられないらしい。まあ無理もない。そして葉月が秀一と同じ食べ物を食べていたのは特別な意味が感じられる。これは人格をまともに保つための手段なんだろう。

6032015ghxfhgxdf.jpg


■なんて可哀想なナツキ!(3人のユーフォがよかった)
でも高坂がソロをゲットできたのはよかった!
秀一と高坂が話さないのが悲しい


■不幸な結果が続いて心が空っぽになった
京アニ!私の体はまだその準備ができていなかった
ps.不合格だとしてもナツキはベストガールだ

6032015yhtsrgyrtg.jpg



翻訳元:1

このマンガがすごい!comics 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ 1
このマンガがすごい!comics 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ 1
トゥッティ!
トゥッティ!






面白かった
今期一番の楽しみになった
しかし、意外な展開だった
[ 2015/06/04 01:42 ] [ 編集 ]
管理人さん翻訳お疲れ様です
早いですね、その割りにコメントも良いところ拾ってると思います
[ 2015/06/04 02:12 ] [ 編集 ]
>このアニメ、異常に足のアップが多い気がする
>足のアップを性格や感情の表現に使ったり、たまにもっと効果的な方法で使うこともある

京アニは足フェチだからな
足へのこだわりは執念すら感じさせる
[ 2015/06/04 02:12 ] [ 編集 ]
そら乳もパンツも使わないレベルで萌豚を視線誘導しなきゃならんのだから
太ももや生足やパンストで解消するしかないわな
[ 2015/06/04 02:25 ] [ 編集 ]
翻訳お疲れ様です。
まぁ実際葉月が活躍しだすとしたら2年生になってからなんだろうけど、
原作はともかくアニメでそこまでやってくれるのかどうか…w

それと最近この作品に限らず百合に対する定義って言うか、解釈の範囲が、
人によって大分違うんだなぁって思った。
女の子の親友同士の友情も百合って人もいれば、ガチレズじゃないと百合じゃないって人もいたりで、結構定義が曖昧だなぁって。
俺もどちらかと言えば久美子と高坂さんは百合とは感じない方やね。
[ 2015/06/04 02:29 ] [ 編集 ]
9話がつまらないわけではないけど物足りなく感じた
おそらく8話が面白すぎた
[ 2015/06/04 02:35 ] [ 編集 ]
ラブコメ主体で楽しみたい人はそうなのだろうよ
[ 2015/06/04 03:08 ] [ 編集 ]
明日香パートはこえーよ
[ 2015/06/04 03:11 ] [ 編集 ]
>おそらく8話が面白すぎた

それには同意だが、9話もAパートの最後で高坂とすれ違った先輩の持つ
トランペットが小さく震えていたりして「細かい演出するなぁ」と感心したし
それに応える作画の仕事に驚嘆した
[ 2015/06/04 03:17 ] [ 編集 ]
声優さんの演じ方も細かくて驚いてるんだが、なにより楽器の演奏も
演じ分けてる事が凄いね
ユーフォのブレス音とか、女性が吹いてるでしょって思う
[ 2015/06/04 04:36 ] [ 編集 ]
ナツキ先輩、落ちちゃったか―……残念
[ 2015/06/04 04:55 ] [ 編集 ]
今回は原作からの改変が気になった
原作であすかは、さふぁいあではなく、落ち込んで練習にならなかった葉月に対してどうでもいいと言ってた
オーディションを受けすらしない初心者組はB確定なので、コンクールに支障をきたすわけでもないのに助けるメリットがないと言ってたのに
緑が身代わりなったせいであすかの冷淡さが足りないように感じた
[ 2015/06/04 06:00 ] [ 編集 ]
実際あすか先輩みたいな人がいたら仕事とかでは関わりたくないな
[ 2015/06/04 06:33 ] [ 編集 ]
楽器演奏の演じ分けは確かにこだわってるな
ユーフォのパートはたぶん同じ人が吹いているんだろうと思うが
課題部分の完成度は明らかに本番の夏紀<練習の久美子<初見のあすか
努力だけでは越えられない残酷な壁があることを見事に表現している
[ 2015/06/04 07:06 ] [ 編集 ]
残念ながら社会人になってこそアスカみたいなのがいるんだよなぁ…
上司だったりすると本当に大変、気に入られないととても居づらい
[ 2015/06/04 07:07 ] [ 編集 ]
あすか先輩はどうでもいいと言いつつ目の光が消えるって相当だな
過去に恋愛沙汰でなんかあったのかな
[ 2015/06/04 07:10 ] [ 編集 ]
百合の解釈や定義が曖昧なのではなく、百合ジャンルの事をろくに知らないのに勝手に自分の解釈や定義を主張する人がいるからおかしくなっているだけだ。
女性同士の同性愛を扱った作品群ってのが基本定義で、直接的ではないプラトニックな関係であっても根底に恋愛感情あるのが百合だ。

前回麗奈が愛の告白とか言ったりはしていたが、別にあれ本気な訳ではないのでこの二人は百合ではないよ。
[ 2015/06/04 07:49 ] [ 編集 ]
>今回は原作からの改変が気になった

ここまでのアニメの流れからすると、9話の改変は順当だったと思うけどな
ここで葉月が責められる展開だと正直胸糞悪くて見ていられないし、
緑が責任を感じて葉月以上に落ち込んで見えるのは、これまでの行動やアニメの緑の性格からして自然と思える

原作のアスカのあの部分はそもそもちょっと過剰に喋り過ぎなんだよ
あれをアニメの雰囲気でそのままやると、低音パートの雰囲気が悪くなりすぎる
表面上普通に戻っても視聴者としてはギスギスした気分を打ち消せないまま最終回まで見ることになると思う
アニメとしてまとめるには今回の改変は有効だったと思う
[ 2015/06/04 07:56 ] [ 編集 ]
あすか先輩みたいなのは逆に付き合うの楽だろ
仕事さえちゃんとしてれば私生活その他に糞みたいな干渉してこないんだから
個人的に気に入られるかどうかなんてそれこそあすか先輩の価値観と真逆
[ 2015/06/04 08:43 ] [ 編集 ]
前回と今回で思ったけど、一見勝ち気な麗奈は実際には久美子に対して、ある種の「彼女には勝てない。彼女に近づきたい」という思いを持っているね。作品は久美子のモノローグで進むから、麗奈の方をミステリアスなアーティストという雰囲気に見せているけれど、実際が逆っぽい気がする。
麗奈は特別になるために、無我夢中で必死。一方、久美子は小学生の頃から普段の遊びのつもりでユーフォをやってきていて、他人と競うとか特別になりたいとかいう野心なんてまったくない。それでいて長い練習経験があるから実力はある。別に久美子が天才だというわけではないけれど、マンガや小説でよくある、
「必死の努力家の秀才と、何の気負いもない天才」の関係に似た雰囲気があると思った。
トリッキーなのは、久美子は自分がかなりの人物であるという自覚はないし、うまくなりたいと思うのは、空気のようにごく自然な欲求だと思っているから、必死に最後の練習をしていた先輩や、中学校のときに本気で悔し涙を流していた麗奈を、じぶんはへっぽこ一般人というつもりで、「すごい努力家だなぁ」と、感心して見ている。
麗奈のほうは、久美子がそういう人間だと分かっていて、8話では最高にめかしこんで山に来たし、普段なら他人に絶対言わないであろう「特別になりたい」という心の奥底の情熱を、自分でも気が付かないうちに打ち明けてしまって、そういうふうに自分に白状させてしまう久美子のことを「性格がわるい」といいつつケラケラ笑った。
あれって、「アンタの前では、何も隠せないや。勝てる気がしないし、全部自白させられてしまう」という感じの発言だと思う。
この作品を麗奈の視点から久美子を見る形で描いたら、麗奈のモノローグはどうなるかを
想像すると、結構おもしろい。何しろ、悔しくてたまらなくて泣いている時に、「そんなありえない夢を、まさか信じていたの?」と冷水をぶっかけてきたんだし。
[ 2015/06/04 09:03 ] [ 編集 ]
>ps.不合格だとしてもナツキはベストガールだ

 同意したい。
[ 2015/06/04 09:05 ] [ 編集 ]
OPの演奏シーン、明らかに55人に足りてないから葉月とナツキも追加で受かりそうな気がするなぁ
[ 2015/06/04 09:47 ] [ 編集 ]
心底どうでもいいと思ってるんだろう
[ 2015/06/04 09:53 ] [ 編集 ]
あすかみたいな人がいるから組織全体が引っ張り上げられるんであって
付き合いにくいからってのは単なる甘えでしょ
[ 2015/06/04 10:07 ] [ 編集 ]
高校のとき、
ウチのバンドはユーフォ3・テューバ3で大会出た(県ダメ金)から
ワンチャンあるかなって思ったけど、まぁそんなに甘く無いわなw
[ 2015/06/04 10:21 ] [ 編集 ]
なんか、むしろ今回の副部長は、初めて余裕の無さみたいなものを感じた。
オーディションとかじゃなくて、自分の中にやるべきことを決めていて、
その足を引っ張るものを許容するゆとりが無いといった感じ。
[ 2015/06/04 10:32 ] [ 編集 ]
あすか先輩って、好きな相手だからといって、持ち上げる事はしないけど
嫌いな相手だからといって、蹴落とす事もしないイメージ。

頑張ったり、努力して達成した人は力になるけど、努力しなかったり、他に気を取られて、何かを怠る人には冷たいとか。

そういうのは、好き嫌いとは別の判断基準があるみたいな。

だから、ある意味、信用できる感じ。

贔屓しないかわりに、嫌いだから相手にしないとか、無さそうだし。

まぁ、そのために気が抜けないのは、キツそうだけど。
[ 2015/06/04 11:02 ] [ 編集 ]
そうなんだよ。このアニメでは、楽器演奏と声優の台詞には、ほぼ同じ重みがあるんだ。
[ 2015/06/04 11:33 ] [ 編集 ]
いやいや、あすかは仕事上では付き合いやすい人でしょ
気に入る気に入らないとかの感情の人ではないんだし
単に仕事さえちゃんとしてればいいんだから
[ 2015/06/04 11:50 ] [ 編集 ]
私はあすか先輩のような人がいい。相手に対し好き嫌いの感情を排し只実力のみを評価する。まさに頼れる社会人って感じ。
[ 2015/06/04 12:33 ] [ 編集 ]
なつき先輩、結果はわかっていたけどフォローが入ってよかった。

でもトランペットは香織先輩がソロ選ばれること期待してたんだけどなあ。
[ 2015/06/04 12:49 ] [ 編集 ]
楽器演奏経験者としてはあすかの気持ちはわりと理解できる
音楽以外の要素に振り回されると、その要素の元になっている人間はたとえ家族でも音楽に対しての敵だって認識になる
あすかみたいなタイプは「音楽は人生を捧げるに相応しいが、音楽にとっては一人の人間の人生では足りないのだ」を地でいく人が多い
[ 2015/06/04 12:49 ] [ 編集 ]
葉月はまだ譜面も読めないレベルだろう。指の位置を書いてもらってるくらいだからな。
[ 2015/06/04 13:02 ] [ 編集 ]
変わり者を相手に仕事したいとかおまえらスゲーよ
もしかしておっさん世代かドカタ?
[ 2015/06/04 13:32 ] [ 編集 ]
まあ仕事も出来、面倒見が良い人が変なところでキチガイ化する人はたまにいる
[ 2015/06/04 13:39 ] [ 編集 ]
あすか先輩が怒ってるシーンは心臓がきゅっとなった
軽く考えてる事が先輩の逆鱗に触れていた経験があるからかな
[ 2015/06/04 14:53 ] [ 編集 ]
>もしそんなことしたら高坂が緊張でまともに演奏できなくなるよ

よく分かってらっしゃる。
一見すると香坂のほうが強気だが、実際には、悔し泣きしている自分に
平然と「全国に行けると思ってたんだ」というドSな言葉で、香坂は
魅了されてしまっていて、本当は受け身。
[ 2015/06/04 15:22 ] [ 編集 ]
あくまで最大55人だから、OPで55人より少ないからって追加とか無いから。
それなら最初から合格してるから。

ましてや、いくらメインキャラでも葉月は入部してからチューバ始めた初心者で、天才設定でも無いのに選ばれる方がおかしいから。
[ 2015/06/04 15:34 ] [ 編集 ]
>もしかしておっさん世代かドカタ?

むしろオッサン世代や土方は個人的なつきあいを重視するから、そういう面でドライな人間は嫌われる。
仕事仲間が弱っていたら酒でも飲みながら相談に乗ってやるくらいでないと人はついてこない。
[ 2015/06/04 16:11 ] [ 編集 ]
関西弁だか京言葉から標準語に変更してくれただけでありがたい
[ 2015/06/04 16:16 ] [ 編集 ]
そんなにややこしく考えなくても、あの場面ではあすか先輩に「自分には、どうにもできない」状況だったから、煮詰まったんだと思ったなぁ。

もしも、緑自身が失恋とか家族の健康問題とかの悩みを抱えていたらのなら、先輩は、普段のムードメーカーとして振る舞ったろうけど、なにしろ失恋した本人があっけらかんと振舞っていて、何も悪くない緑が自己嫌悪と罪悪感で自分を責めているというのでは、あすか先輩の普段の冗談では「どうにもできない」こと。
緑が失恋で悲しんでいるなら、何か笑いの一つもとるとか、逆に真面目に相談にのるとかできるけど、緑は失恋の当事者ではないからねぇ・・・ 完全に手詰まり。
前回の神社のお祈りのときもそうだけど、「自分にどうにかできること」について、悩んだり頑張ったりするのならともかく、「どうにもできないことは、どうでもいいと思うしかない」という立場なんだと思うよ。

そういう意味では、例えば、失敗すると会社が倒産する瀬戸際にあるようなときの起死回生のプロジェクトでのリーダーには向いているけど、平時の営業活動がそれなりに回っているときの会社のプロジェクトとか、あるいは、高校のクラブ活動の部長には向かない。
大抵の人は、そこまで割り切れないから。
[ 2015/06/04 16:20 ] [ 編集 ]
足の描写が多いのは困った時足元に目を逸しちゃうからなんじゃないかな
なんかドキドキさせられる
[ 2015/06/04 17:33 ] [ 編集 ]
あすかパイセンはある意味めんどくさくない人だと思うがだからこそ普段の人間関係からの情状酌量とかもしてくれないから仕事上の付き合いはきつくもあると思う
なんというか所謂信長タイプの仕事できなくなったら20年来の部下でも平然とクビにできる人(実際は信長は情が深く何度もチャンスを与えるタイプだったらしいが)
[ 2015/06/04 17:36 ] [ 編集 ]
今回のオーディションの主旨は演奏の質を上げる為に下手な部員を振るい落とす、ではなく
あくまでも55人制限があるからやむなく参加できない部員を選ぶ為だから、
人数に余裕があるなら普通にギリギリまで入れるだろう
滝先生は幼馴染の先輩が退部した時寂しそうな様子だったし、基本的に脱落者は出したくない方針だろうから
葉月は正直初心者過ぎて難しいが、ナツキ先輩はまだ目あるんじゃないのか
[ 2015/06/04 18:34 ] [ 編集 ]
おいらも、今回の改変は気になったクチ。
ニュアンスに大きく違いが出たと思う。
もっとも原作レ○プだという気もないけどもw

原作だと、(葉月)初心者でB確定だから、練習に気持ちが入ってなくても、
どうでも良い。そこにかまいたくないって流れで、
これは原作短編で、辞めた葵に対して、
『オーボエとかファゴットの子が辞めたら困るけど、
サックスは一杯いるから、1人ぐらい居なくなっても問題無い』
って、冷たくあっけらかんと告げる価値観と同じくするもの。
でも今回のだと、落ち込んで気持ちが入ってない奴にかまってらないってだけで、、
何か薄っぺらいなあと。
もし原作寄りで、その気になりつつあるあすかだと、
全国レベルの緑には、むしろいつもの調子で、上手い事、
機嫌なおさせる方に、コントロールしてたんじゃないかと。

良くも悪くも、何らかの理由があって改変したんだろうけども、
今の段階だと、個人的には、あすかがチョット薄くなっちゃった印象。
[ 2015/06/04 19:14 ] [ 編集 ]
アニメの久美子は頼むから秀一とくっつかないで欲しい
[ 2015/06/04 19:29 ] [ 編集 ]
同じ学校なのに、下校時に修一が途中の駅から乗り込んでくる理由を教えて
[ 2015/06/04 19:41 ] [ 編集 ]
「悩まなければ悩まずにすむ」のに、なんで悩むんだろう。意味わかんない。

あすか先輩の頭の中はこんな感じだろう。俺に似てる。
メンタルが強すぎる人間は、人の気持ちが理解できないことがたびたびあって大変だ。
[ 2015/06/04 19:49 ] [ 編集 ]
ユーフォ3人とも受かる可能性あったんだし個性的過ぎるアスカはともかくクミコとナツキは一緒に練習してもよかった。
校舎のかげからコソコソ覗く行為はクミコのイメージを失墜させた。
[ 2015/06/04 20:43 ] [ 編集 ]
塵の表現は俺も驚いた。
あまり使われない準備室の感じが出てる
夏樹はあまり顔に感情を出さないので、余計に可哀そうになる。
[ 2015/06/04 21:44 ] [ 編集 ]
>>同じ学校なのに、下校時に修一が途中の駅から乗り込んでくる理由を教えて
練習後に友達と行きつけのパン屋によってホットドッグを買うのが日課なんだろう。
パン屋は黄檗駅近辺のようだが、みどり体がよくガシャ回してるコンビニもそこからそう遠くない距離なので学校から歩いていける近さなのかも。
[ 2015/06/04 21:44 ] [ 編集 ]
ナツキさん・・・決して悪い人じゃなく、一応頑張ってただけに・・・可愛いだけに・・・
辛いな
やっと内容がなんとなく察っせるようになって来た久美子の回想・・・久美子はナツキさんに、もう安易な言葉は掛けられないだろう
なんとか彼女には、いい笑顔で最後まで登場して欲しいもんだ
[ 2015/06/04 21:50 ] [ 編集 ]
>同じ学校なのに、下校時に修一が


人気のパン屋に寄り道
[ 2015/06/04 21:51 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/06/04 23:06 ] [ 編集 ]
>久美子はナツキさんに、もう安易な言葉は掛けられないだろう
>なんとか彼女には、いい笑顔で最後まで登場して欲しいもんだ

そんな貴方は、たぶん次回のナツキに感動すると思う。
原作読んで一番好きになったのがナツキで、
好きになった理由のエピソードが次回描かれるはずだから
[ 2015/06/05 01:27 ] [ 編集 ]
>メンタルが強すぎる人間は~
確かにそうだけど、「不要なことはすべて切り捨てる」てのはメンタルが強いとはチト違うと思うな。むしろメンタルの弱さをカバーする方法論じゃないかと。
[ 2015/06/05 06:18 ] [ 編集 ]
プロットアーマーって言葉は初めて知ったがある意味今回の改変は
アスカにとってのそれだったのかもしれない
原作のままじゃアニメ的には嫌われ者になっちゃうよ
既に冷徹なキャラは立ってるからあそこまでダメ押しする必要無い
京アニはよくアスカを守ったと思う
[ 2015/06/05 10:32 ] [ 編集 ]
上の※にもあったが、むしろアニメの方が、冷たく感じる人のが多いと思うが。。。勿論、解釈は人それぞれだけどね。
ただ、どうあれアニメが守ってあげたって発想は、幾らなんでもオカシク無いか?
[ 2015/06/05 14:04 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/06/05 14:34 ] [ 編集 ]
>メンタルが強すぎる人間は~
そういうのはただ率先して自己正当化出来る場所選びして閉じこもるのが得意なだけでメンタル強いとはあんまり言えないかなあ。ただの自閉的な人だから割とそのせいで周囲にストレス与えてるしあんまり好ましい人じゃないね。
そういう鈍感力活かして率先して皆が嫌がる役をやってくれればいいんだけどそうじゃないんでしょ?
組織においては周囲に満遍なく意識を巡らせてよく悩んでなおかつ悩みを克服出来るひとがメンタル強い人じゃないかな。
[ 2015/06/05 14:44 ] [ 編集 ]
日本は盛り上がりすぎて荒れてるから海外の反応を見てきたら、やっぱり意外な発見あるよね。
吹奏楽部では1stTp.の座は先輩の座で、ソロは上手な2nd、3rdの後輩がするという構図珍しくもなんともないと思うんだけど。
[ 2015/06/05 15:27 ] [ 編集 ]
オーディション落ちた連中は野球部の応援団になるんだろ?
[ 2015/06/05 16:56 ] [ 編集 ]
映像化にあたっての改変や、メディアの違いによる
表現や演出の差異と、その好き嫌いとかはわかるし、
あって当然だと思うけどもさ、
【守った】とは、何とも、いやはや。


[ 2015/06/05 17:11 ] [ 編集 ]
>校舎のかげからコソコソ覗く行為はクミコのイメージを失墜させた

彼女らは仲間であると同時にライバルでもある事を忘れてませんか?
どこまでいっても仲良し子良しのごっこアニメではなくぶつかりあう痛みを
きちんと描くアニメである事は分かっていたはず。
[ 2015/06/05 17:14 ] [ 編集 ]
残念、雨が止みそうにありません。さすがにこの天気で大吉山に登る人いないでしょうね(いたりして)。アニメではちょうど今頃宇治神社の境内で待ち合わせして、山に登り始めたぐらいの時間ですね。ただ縣祭りのクライマックスは夜の11時ごろからですし、そのころにには雨もあがってるようです。
[ 2015/06/05 19:00 ] [ 編集 ]
>ああ、自分はピアノリサイタルの前にあんな気分になったよ

このコメした外人て何者だよ?わたし気になります・・・。
[ 2015/06/05 21:06 ] [ 編集 ]
そうか、縣祭り今日(というか昨日)だったんだな
[ 2015/06/06 00:53 ] [ 編集 ]
>組織においては周囲に満遍なく意識を巡らせて
>よく悩んでなおかつ悩みを克服出来るひとがメンタル強い人じゃないかな。

それ通じるのは昭和の日本だけなんだよな。ソースはプログラマーの俺。
ぶっちゃけると組織にとって一番大事なのはメンタル強いというよりか
「どれだけ個人プレーでも仕事が出来る」方が大事。いくら精神面が強くても
仕事できないんじゃ迷惑なんだよね。本人は頑張っているんだけど、今回
落とされたナツキと同じく、出来ない人は貢献できない人として切り捨てられる。
昔みたいに努力すれば報われる日本じゃなく、完全に団塊の世代より下は
実力社会(自転車操業に近い)になっている。欧米と違うのは、日本人はどうも
要領が悪い様に思われるし、実際に新しい波に付いていくのが限界な気がする。
新しいプログラムを暗記するのは良いんだけど、開発できる資金と発想がないと
どうしても「才能」という奴が必要不可欠になっている。
[ 2015/06/06 12:21 ] [ 編集 ]
>このコメした外人て何者だよ?わたし気になります・・・。
別にソロリサイタルとは書いてないぞ。
音大やピアノ教室等で開催する発表会じゃないのか。
[ 2015/06/06 16:33 ] [ 編集 ]
落選の通告でも動じてなかったな。それまでの取り組みが結果に出た感じ。どんまい
[ 2015/06/06 18:57 ] [ 編集 ]
考えることはいいことだが、悩むことは無意味だ。時間の浪費にしかならない
みどりちゃんは、これからどうするかを考えるべきだった。最終的にはそれに行き着けたが、本来ならあすか先輩に指摘されるより前にその結論に至っているべきだった
[ 2015/06/06 22:38 ] [ 編集 ]
>それ通じるのは昭和の日本だけなんだよな。ソースはプログラマーの俺。
この人なんでメンタル強いのはどういうことかって議論に長文ドヤ顔でずれたレスしてるの?
[ 2015/06/07 10:34 ] [ 編集 ]
このアニメにも原作厨っているんだw
[ 2015/06/07 12:24 ] [ 編集 ]
原作読んでないからわからないけど
>あすか先輩に指摘される前に~、の部分は単なるあすかの癇癪に見えたなぁ
指摘って表現はあすかを持ち上げ過ぎな気がする
副部長なら、演奏のクオリティにしか興味ないなら
さっさとコンバスに通常の演奏をして貰うために上辺だけでもフォローを演じるのが正解なんじゃないの
でも実際にやったことは「友達の恋愛の悩み?なにそれ知らね個人練習行ってくる」でしょ
これまでもその場に適した振る舞いを演じられてたんだから
みどりの悩みが共感できないものであっても「黄前ちゃんメンタルケアたのむよ~」くらいは欲しかったな
まぁあすかだってまだ未成年だし人間臭くてよかったけどね

あすかをメンタル強い、仕事仲間として優秀って評価がちらほらあるのは意外だった
人間として当たり前の感情の起伏、突発的なトラブルによる能力の低下すら許容、理解すらできないのは小さくない欠点じゃないの
[ 2015/06/08 02:20 ] [ 編集 ]
前々から気になってたんだけど、主人公の幼馴染はおんなじ学校に通ってるのに何で毎回、別の駅から電車に乗ってくるの?降りる駅は同じみたいだし気になる。
[ 2015/06/08 18:35 ] [ 編集 ]
学生達が立ち寄って遊べるというか暇つぶしの場所があるんじゃないだろか
定期で通学区間の乗り降り自由やし。
[ 2015/06/08 19:49 ] [ 編集 ]
>別の駅から電車に乗ってくるの?

黄檗に有名なパン屋さんが有り、そこでソーセージロール買ってるんだよ
途中下車して買うくらい気に入ってるってこと
今回の話で葉月が真似して買って食べてたろ?
[ 2015/06/09 00:36 ] [ 編集 ]
>↑いいネタバレOPだね。視聴者がネタバレに気づかないネタバレOP。京アニはよくやった。:)
>↑これって配置的にカオリがファーストトランペットで高坂がセカンドなのかと思ってた
だからカオリがソロパートをやるのかと思った

自分はビッグバンド経験者なんだけど、基本的に1stはリードの役割を担うので、ソロを吹くのは旋律を離れても支障のない2ndが多いという認識なんだ
吹奏楽の場合は1stがソロをとるのが一般的なのかな?
どなたか詳しい方がいたら教えて頂きたいです
[ 2015/06/09 12:01 ] [ 編集 ]
久美子って、秀一とくっつくのか
久しぶりに好感持てる主人公だったけど、男とくっつのかと思ったらなんかつまんないキャラに思える
[ 2015/06/09 14:04 ] [ 編集 ]
今から予想しておきます。原作2巻は劇場版
根拠は
○内容的にも尺的にも劇場版にぴったり
○原作1巻をアニオリで肉付けしてまで13話に引き伸ばした。(ハルヒの消失のときみたい)
○現段階で京アニ制作の夏アニメの発表がない。(冬もなかった、2クール無いのめずらしい)
○秋の京アニイベントのラインナップが、中2病・たまこ・境界・ユーフォの4作品、ユーフォ以外は劇場版製作済

どうかな?
[ 2015/06/09 19:21 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/06/09 20:03 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/06/10 01:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
人気フィギュア
ばくおん!! 鈴乃木凜&GSX400Sカタナ 1/10スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア ねんどろいど おしえて!  ギャル子ちゃん ギャル子  ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ ばくおん!! 佐倉羽音(制服)&CB400 SUPER FOUR 約135mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど ワンパンマン サイタマ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど 干物妹!うまるちゃん うまる ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ねんどろいど キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 桜ミクダヨー ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど 千本桜 feat. 初音ミク 初音ミク 千本桜Ver. ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク ねんどろいど ミクダヨー (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 秋津洲 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 初音ミク グレイテスト・アイドルVer. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア S.H.フィギュアーツ ばくおん!! 鈴乃木凜 (ライダースーツ)&GSX 400S KATANA 約135mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。